So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

視線入力教材を実践投入して見えてきたこと [視線入力]

キャリブレーションが難しい子どもでも、画面を2分割したマッチング教材は十分、というか、完璧にできました。
これは大きな成果です。
視線入力のスキルが十分身についていなくても、条件を整えてあげられれば、課題に取り組めるということです。

ところで、なぜその子はキャリブレーションできないのか、というと、
知的な理解力…、もないとは言い切れないのですが、見え方(見える範囲)が大きく偏っていることが原因のようです。
私が今実践で試したのはほんの数名なのですが、
ALSの患者さんと、脳性まひのある方とでは、が視線入力(視線操作)に大きな違いがあるように感じるのです。

つづく
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。