So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

文字入力でしりとり大会の構想 [雑記]

妄想に近い構想ですが、しりとり大会をやりたいと考えています。
(別に、山手線ゲームや古今東西でもオッケーですが...。)

大まかなルールは次の通りです。

①文字入力装置を使用し、読み上げ機能など生身の声以外で発信すること。
②文字は一文字づつ入力する方法であること。視線、スイッチ、タイピングなんでもオッケー。
③自分のターンになったら90秒以内に音声で発信しないとアウト。
④その他、しりとりのルールの通り。

てなかんじでしょうか。

障害の有無にかかわらずすべての人が参加できる大会を開いたり、ネット経由で対戦したりできれば面白いですね。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

解決!DropTalkで音が出ない件 [アプリ]

以前、Windows版のDropTalkで音声ファイルの音を鳴らそうとしたが音が出ない、という記事を書いた。
その後も解決策がわからず、ダメ元で開発元にメールで問い合わせてみた。
すると丁寧に返事をもらうことができ、無事解決に至った。

きっとほかにも同様に困っている人がいるのではないかと勝手に思ったので、
メールの返答の抜粋を以下に載せさせてもらうことにした。


DropTalk Windows版をご購入いただき、誠にありがとうございます。
「ミュージックから音声ファイルを選択しても音が鳴らない」とのこと、ご不便をおかけしており申し訳ございません。

ファイル形式につきましては、基本的にはmp3、wavともに対応しております。
ですが、現状、ストアアプリとしてのアクセス権により「ミュージック」フォルダ内のファイルしか再生できません。
「ミュージック」フォルダのパスは以下の通りです。DropTalkのミュージック選択より初回時にその場所がダイアログで表示されるようになっております。
 C:¥Users¥[ユーザー名]¥Music
その他の場所にあるファイルは(例えばデスクトップにあるファイルなど)、ダイアログから選択できるようになっているものの、再生には失敗してしまいます。
また、ミュージックからファイルを選択した場合、そのファイルパスの参照を保存するようになっておりますので、ファイルを移動してしまうと再生できなくなってしまいます。

恐れ入りますが、まずは音声ファイルをミュージックフォルダ内に移動(コピー)していただき、そちらをDropTalkのミュージックから選択した際に再生されるかどうかご確認いただくことは可能でしょうか。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

その先にあるもののためにその次にやることは? [視線入力]

目的があるから視線入力を行っている、はず。
面白そうだからとりあえず試してみて、反応がいいからそのまま続けている、ではないはず。
面白がっているんだからそれでいいじゃないか、っていうのも個人で遊ぶんならいいだろうけど、
学校ではそうはいかない。
それを行う教育的目的は?そこにある学びは?
導入で風船割ゲームをしました。楽しそうに視線を動かしながらゲームができました。
では、このあとその導入はどんな指導につながっていくの?
子どもにはどんな力をつけていくの?
だから学校の先生たちに、風船ゲームをやっている姿を見せても、そんなリアクションが、空気が返されることがよくあります。
学校の先生はその先にある目的と、そこにたどり着くための手段を知りたいのです。
しかも実現可能な、現実的な。
「このあと、視線で操作して意思表示をしたり、文字入力をしたりできることを目指します。」
とは言ってみるものの、私自身その具体的な手立てはまだ手探り状態。
だって、
「こういう実態のお子さんが、こういう段階を経てこういうことができるようになりました。」
という、事例が全く見当たらないのだから。
正直なところ、
私も知りたいんです。その先にある目的のためにこの次に何をすればよいのか。
でも分からない、分からないけどたどり着ける日を信じて日々手探りしながらやっています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

実験ではない [雑記]

常軌を逸した忙しさで全く更新できませんでした(>_<)
タイトルについてですが、
重度重複障害のあるお子さんに接した際に、私が先輩からきつく注意された言葉です。
顔の表情がわずかに動くだけのそのお子さんに、いろんな言葉をかけたり、光や音の刺激を与えたりして表情を見ていたのですが、「あっ、目が動いた。」「口が動いた。」と子どもの反応を口にしていたら、
「刺激を与えて反応させるだけならそれはただの実験だ。」
と注意をされたのです。
もちろん私は子どもを実験台にして何かをしようとは思っていませんでした。
でも、やっている行為は実験といわれても仕方なかったのだと反省しました。
その日以来、私は、
自分にとっては指導、学習のつもりでも、実は、刺激と反応という表面上の実験で終わってしまっていることが多々あり、そう陥りやすいリスクが常にあるのだということを忘れないようにしています。
視線入力装置といったICT機器を機器を活用するとことが、子どもに反応させるだけの実験になってはいないか?そうならないためにはどうすればいいのか?そもそも何のためにICT機器を活用しているのか?その本質を見失わないように、常に立ち止まって見直すようにしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

DropTalkで音が出ないなぁ [アプリ]

Windows版DropTalkと外部スイッチで楽器演奏(タンブリン)をしたいのです。
タンブリンの音声を作成して読み込んだのですが音が出ません。
ファイル形式はWaveとmp3で試してどちらもダメでした。
手持ちのWindows3台で試して全部ダメでした。
直接マイクで録音すると出るのですが、それだと楽器の音のクオリティーが下がるので使えません。
いったい何が原因なんでしょうか?
明日使おうと思っていたのに残念です。
仕方ないので以前エクセルでつくったソフトで代用します。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

まだ、立つべきスタートに立っただけ [雑記]

ジョイスティックで文字入力するシステムを作成し、ある子どもに提供した。
そのシステムがその子にはとても合っていて、すぐに使い方を覚えてメキメキと入力速度も上がってきている。(このシステムについては後程紹介しますね)
その子は、よほど慣れた人でなければ非常に聞き取りづらい発語で話し、四肢に麻痺や緊張、不随意運動があるため書字もままならず、PCやタブレットを使ったタイピングも出来なかった。
その子にとってそのシステムは、誰の支援を受けずに自分の力だけで自分の気持ちを綴り、伝えることのできる初めてのツールだった。
その子は、自分で入力し、自分の操作で印刷した文を見て、こう言いました。
「私は、誰の力も借りずに自分の力だけで文が打てた。」
「これを使えば、手紙が書ける。○○の勉強でメッセージカードが作れる。」
この言葉は、このシステムを提供した私にとって最大の讃辞でした。
しかし、ここで満足してはいけない。これでこの子の夢がかなったわけではないのだから。
これで初めてこの子は、この子が立つべきスタートに立ったのだ。
この子の学びは、叶えたい夢はここから始まるのだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

スイッチで家電を操作 [スイッチ操作]

乾電池モノは、結構簡単?にスイッチ操作できるように改造できるのですが、
家電製品のようにコンセントモノに関しては、感電の危険性もあるし、そもそも資格が必要?だったりするのでおいそれと手が出せません。
でも、いろんな場面でニーズはありますよね。
そこで私が利用しているのは、オーム電機 OHM OCR-05 [赤外線リモコン コンセント]
という、リモコンでコンセント製品のON,OFFができる製品。
TOSH0074.jpg
しかし、このリモコンも、指先できちんと押せる人ばかりではありませんよね。
そこで私は、リモコン部分をバラして中の配線にスイッチ端子をつけちゃいました。
TOSH0075.jpg
これなら100Vで感電することはないので安心です。
実際につないで試した動画がこれ。

学校では、調理の際にミキサーを回したり、
ドライヤーや扇風機を回したり、
ライトをつけたり消したり、
と、いろんなことに使えます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

イエス、ノーで答えられる質問とは? [雑記]

VOCAの一種を使って、質問に対して、イエス、ノーの2通りで答えられる方がいます。
いろんな人がその人に質問をするのですが、果たして次の質問には答えられるでしょうか?

「今日はいい天気ですね」
「私の髪型、どう思いますか?」
「一緒にゲームをしたくないですか?」
(~したくないですか?という質問、すごく多いのですが、イエス、ノーのどちらで答えれば確実に伝わりますか?)
「漢字テスト、やりたくないと思いませんか?」
「好きな食べ物は何ですか?」
「お父さんとお母さん、どっちが好きですか?」
「今日の音楽、どうでしたか?」

これらはほぼ実話です。
どうかご配慮を。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

視線入力装置の操作能力を高める系統的指導がまだ?です [視線入力]

私はまだこの分野における駆け出しなので、勉強不足、情報収集不足で知識がないだけなのかもしれませんが。

視線入力装置の活用目的として、本人や保護者、教師など、私の周りから多く聞こえてくるのは、
「コミュニケーションを取りたい」
という声です。
視線入力の訓練用アプリとして、フリーで素晴らしいものはあります。
でも、それらを使って楽しくトレーニングを行ってはいるものの、
その後、どうやってコミュニケーションの手段として活用していくところまでつなげていくのか、という道筋が私の中では明確になっていないのです。
視線入力装置を使ったコミュニケーションと言っても、VOCA的な活用や、文字入力など、個々の実態やニーズによって様々な手段があり、そのために必要な視線操作のスキルも違ってくると思います。
例えば、文字入力を目指すなら、画面の隅々まで視線を送り、できるだけ目標をピンポイントで注視し、かつ決定動作が行われるまでそれを維持できるスキルが必要ですし、「はい」「いいえ」の意思表示なら、画面内のどこか2か所を「見分ける」力があれば活用できる手段がある、といった具合に。
以前の記事で紹介しましたが、最終的に文字入力を行いたいというニーズを持っているお子さんがいますが、その子の現在の視線操作範囲は、次の通りです。
名称未設定-3.gif

名称未設定-4.gif
視線操作範囲に大きな偏りがあり、かつ注視できる時間もごく短時間です。
今後、この子にどんなトレーニングを続けていけば、視線操作の範囲が広がり、注視する力が高まるのか、根拠に基づいた指導に結び付けられずにいるのが現状です。
冒頭で書いたとおり、まだまだ情報収集不足、実践での経験不足の状態なので、これからもっともっと勉強しなければと思っています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

視線で文字入力する自作ソフト(エクセル VBA) [視線入力]

※記事に貼り付けてある動画が、非常に見にくくなっておりますことをご了承ください。

 画面に表示されたキーボードを注視して、マウスのクリック操作で決定する方法で文字入力ができるソフトです。
 視線入力装置はお手ごろな価格で手に入るようになりましたが、それを使って操作できる実用的なソフトは、まだ少なく、高価なものが多いのが実情のように感じます。
 本当にその人に合っているのか、使いこなせるのかわからないのに、数万~十数万、場合によっては数十万するソフトを購入する気持ちにはなれないのが本音ではないでしょうか。
(逆に、それがこの人の一生に渡って必要不可欠なものになる、という保証や確信が得られるのなら、100万円だって安いと思えるのでしょうが。)
 前置きが長くなりましたが、そんな事情も少なからずありつつの、今回のチャレンジです。
 画面はユーザーフォームを画面いっぱいに表示し、視線が画面端などにそれても誤操作にならないようにしています。
 文字の枠はできるだけ大きくしたつもりですが、一画面で操作できる情報量との兼ね合いで今のところこんな感じです。
名称未設定-2.gif

 文字入力画面は4パターン存在し、まとまった文字や文を入力することもできます。
名称未設定-4.gif
名称未設定-6.gif
名称未設定-10.gif

 また、入力した文字を文字入力ボタンに登録し直すこともできます。
 Windows10では、音声読み上げが以前よりやりやすくなったこともあり、入力した文字を音声読み上げする機能もあります。
 更に、VOCAボタンをONにすれば、入力せずにキーボードをそのまま読み上げることもできます。



 また、なんちゃって機能ではありますが、私なりに工夫した、漢字変換機能もあります。ただし、変換用データベースがまだまだです。
名称未設定-12.gif

 そして、メニューボタンだけ用意してありますが、印刷機能も当然つける予定ですし、登録してあるメールアドレスにボタン1発で送信する機能も付ける気満々です。

 この教材、私自身が実際に視線で操作した場合は、ほぼ問題なく操作できました。しかし、視線で文字入力の域に達するためにはそれなりのスキルが必要になるため、すぐに誰にでもできるわけではないということも痛感しています。
 視線でカーソルを操作することを理解し、画面全体に視線を送り、かつ、決定操作が行われるまで目標エリアをできるだけピンポイントで注視するスキル。
 が、必要になってしまいます。
 私がつくったこの教材もまだまだ作成途中なので、今後さらに磨きをかけていきたいと考えています。折に触れて紹介していきますね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -